構成組織専用ページへログイン

知識をつけよう

HOME > 知識をつけよう > 法律マメ知識

知識をつけよう

法律マメ知識

【債権・債務】:子どもの借金と親の責任

Q. 子どもが消費者金融でローンを組み、返済できなくなりました。親に返済の義務はありますか。逆に、親が借りて返済できない場合、子どもに返済の義務がありますか。
A. 親に返済の義務はありません。逆の場合の子どもにも返済の義務はありません。

1.
ローン、借金は「お金を貸しましょう」「○月○日までに利息を付けて返して下さい」という貸主と「お金を借ります」「○月○日までに利息を付けて返します」という借主との契約(約束事)ですから、契約(約束事)を守る義務があるのは、この貸主と借主だけです。契約(約束事)をしていない親には、契約(約束事)を守る義務(お金を返す義務)はあり得ません。
  なお、子どもが未成年の場合は、そもそも貸主との契約(約束事)が成立していないということもあり得ますので、注意してください。

2.
従って、消費者金融が借りてもいない親に「あなたの子どもが借金したんだから、あなたが返すのが当然でしょ」と言ってきても、「私は契約(約束事)していません。返済義務はありません」と言って下さい。決して「分かった」と言わないで下さい。また、「どうしようかな」などと曖昧な返事をすると何度も要求してきますので、きっぱりと拒わりましょう。さらに「1回だけで良いから返してくれ」と言ってきたのに乗って、「1回だけならいいか」などと返済すると、親自身の債務(返済義務)を認めたことになる可能性があるので気を付けて下さい。
 なお、拒わっても要求してきたり、脅迫的なことを言ってくるようでしたら、それを録音した上で、警察や弁護士に相談するとよいです。

3.
勿論、親が子どもの債務(返済義務)の保証人になっていたら、親にも債務(返済義務)があります。保証人になるということは、親と消費者金融との保証契約という契約(約束事)をしたからであり、契約(約束事)は守る義務があるからです。従って、時々、「『絶対に迷惑をかけないから保証人になってくれ』と言われたので保証人になっただけだから責任はない」と言う人もいますが、それは親と子どもとの契約(約束事)ですから、保証契約には影響しないのです(例外はありますが)。保証人になる場合は、十分に気を付けて下さい。

4.
夫婦の場合も原則的には同じことで、契約(約束事)をした者だけが債務(返済義務)を負うのです。夫が借金しても、契約(約束事)をしていない妻には返済の義務がないのです。ただ、夫婦の場合はそのローン・借金が夫婦の共同生活に必要な日常の家事のためであった場合は、自分自身が契約(約束事)をしていなくても、他方配偶者がした契約(約束事)による債務(返済義務)を負うことになります。

5.
最後に、親が死亡した場合は、子どもが親の債務(返済義務)を相続することになり、返済しなければなりません。但し、親の財産より親の債務の方が多い場合には、相続放棄(原則として、死亡後3カ月以内に家庭裁判所へ申し出て下さい)をすると良いでしょう。そうすれば、返済しなくてもよくなります。

[前ページに戻る]