構成組織専用ページへログイン

知識をつけよう

HOME > 知識をつけよう > 法律マメ知識

知識をつけよう

法律マメ知識

【債権・債務】:「保証人」と「連帯保証人」に違いはありますか?

Q. 友人から、保証人を頼まれています。「保証人」と「連帯保証人」に違いはありますか。また、保証人になった後に、やめることはできますか。
A. 保証人とは、主債務者(実際に金銭を借りた者)が約定通りに返済しない場合に、主債務者に代わって、その返済義務を実行しなければならない者であります。従って、保証人は、もし債権者(主債務者に金銭を貸した者)が金銭を返済してくれと言ってきたら、「まず主債務者に請求してくれ」(催告の抗弁権)と言えますし、「まず主債務者の財産から強制執行してくれ」(検索の抗弁権)とも言えます。

 しかし、連帯保証人とは保証人であると同時に連帯債務者であります。つまり、連帯保証人は主債務者と「連帯して」返済する義務を負う者です。従って、主債務者が金銭を返済してくれと言ってきたら「まず主債務者に請求してくれ」とも「まず主債務者の財産から強制執行してくれ」とも言えません。主債務者と同じような扱いとなるのです。ただ銀行などで保証人になる場合は、ほとんど連帯保証人にさせられてしまいますが、現実にはまず主債務者の方から請求しています。

 なお、保証人の変更ということもよく問題となります。特に、主債務者とは離婚したとか、会社の取締役はやめたとかの場合、保証人もやめたいものです。しかし、保証人となる契約は、保証人と債権者との約束ですから、債権者の同意がないと、この契約(約束)を解除できません。普通、債権者にとって保証人は重要ですから、主債務者や他の保証人に十分な返済能力がある場合とか、代わりの保証人を用意できる場合などでないと、保証人をやめさせてくれません。

 保証人になるときは、このこともよく考えておく必要がありますね。

[前ページに戻る]