構成組織専用ページへログイン

知識をつけよう

HOME > 知識をつけよう > 法律マメ知識

知識をつけよう

法律マメ知識

【生活トラブル】:肖像権について

Q.  携帯電話やデジカメで撮影した他人の写真を自分のホームページやブログに無断で掲載しましたが、何か問題がありますか。
A. 下記のQ&Aに解説しました。
肖像権について
 携帯電話やデジカメで撮影した他人の写真を自分のホームページやブログに無断で掲載しましたが、何か問題がありますか。
 ご質問で問題となるのは、いわゆる肖像権だと思います。肖像権とは、自分の承諾なしに、または正当な理由なく、@自分の肖像(顔や姿)を撮影されたり絵を描いたりされない権利であり、Aその作成された肖像を公表あるいは使用されたりしない権利である、と言えます。人格権とかプライバシー権とか言われることもあります。
 そこで、まず、@の権利について考えてみます。つまり、携帯電話やデジカメで他人の写真を撮影することが許されるかどうかですが、a)その他人が写真撮影を承諾している場合は問題ないですね。本人が肖像権を放棄していると言えます(もちろん、後記するように、ホームページなどへの掲載についての承諾は別問題です)。b)他方、承諾がなく(無断で)撮影すれば問題は生じます。

 しかし、この無断撮影にも、いろんな場合があります。顔・姿から誰であるかと特定できるような場合かどうか、誰もが出入りできるような場所であるかどうか、反社会的な行為をしているような場面であるかどうか、撮影している者が誰であるか、などです。誰であるかが特定できなかったり、公共の場であったり、普通の市民が普通に撮影するだけであれば、何ら問題はないでしょう。しかし、普通、人が出入りできない、人に見られることを予想できない場所での撮影であれば、肖像権侵害となるでしょう。刑事事件(住居侵入、軽犯罪法など)になることもあるし、民事的にも損害賠償を請求されることがあります。

 なお、肖像権については、警察官による写真撮影が問題になります。デモ行進参加者に対する写真撮影については、最高裁判決(1969年12月24日)があり、憲法第13条で保障された幸福追求権の趣旨から、「個人の私生活上の自由の一つとして、何人も、その承諾なしに、みだりにその容貌(ようぼう)・姿態を撮影されない自由を有する」とされています(京都大学管理法反対デモ事件と言われています)。しかし、現に犯罪を行っているような場合には、証拠を確保する必要性や緊急性があり、相当な方法による撮影である限りは適法であると言えますし、身体の拘束を受けている被疑者の写真撮影は、刑事訴訟法第218条2項で認められています。
 いずれにしても、単に撮影するだけの@の場合に問題になるのは、むしろ例外的でしょう。本当に問題となるのはAの場合のように、ホームページやブログに掲載するなどの公表をしたときです。広く知られることになり、その影響は甚大です。慎重な対応が求められます。

 この場合も、その他人が公表を承諾しておれば問題ないですが(もちろん、わいせつな写真などは別です)、無断であれば、やはり問題です。この「無断」には、撮影することについても無断の場合と、撮影することについては承諾があったが公表については無断であった場合とがありますが、公表について無断という点ではほとんど同じです。ただ、後者の場合は、撮影することについての承諾が公表についての承諾まで含むと言えるのか、はっきりと「公表はダメ」と言われていたのか、被写体の状況がどうであったのか(人に見られることを予定していないのか予定されているような写真なのかどうか)、などによって違いが生じてくると言えます。

 無断掲載についても、いろんな場合がありますが、顔・姿から誰であるかが特定できないような場合、誰でも出入りできるような場所であり、普通の市民が普通に撮影するだけであったような場合、反社会的な行為をしているような場面などでは概ね問題にならないでしょう。しかし、普通、人が出入りできないような場所であるとか、誰でも出入りできるような場所であっても特定の個人を狙ったような場合、その写真等を広告や商品として使用するという場合などは注意を要するし、反社会的な行為といえども公表によるプライバシー侵害が大き過ぎる場合もあります。更に、報道写真のように公共目的の場合、あるいは政治家や芸能人のような著名人に関する場合は、一般に違法性がないものと考えられています。

 このように無断掲載が違法かどうかは、状況、場面、目的、手段などによって異なってくるのです。そして、違法性が認められれば、損害賠償の責任が生じることになるし、あるいは公表や使用の差止めがなされることもあります。なお、損害賠償の金額は、慰謝料が問題となるのであり、さほど大きな金額とはならないようです(余程の場合でない限り、100万円を超すことはないのではないでしょうか)。いずれにしても、公表等をされた人のことを考えれば、無断掲載は慎むべきでしょうね。

[前ページに戻る]